医療脱毛の仕組みについて

医療脱毛は医療レーザーを使って脱毛の施術を行います。

医療レーザーはムダ毛のメラニン色素が吸収されて熱を発する波長のものを使い、発した熱によりメラニン色素が含まれている毛母細胞が焼け焦げて、ムダ毛が再び生える力が衰えます。このような施術を何度か繰り返すことによって永久脱毛の効果を得られるという仕組みです。

医療脱毛で使う医療レーザーはパワーが強く、お肌に影響を与えることがあります。ですので、火傷をさせないように冷却しながら脱毛の施術を施しますが、輪ゴムなどが弾けたような痛みを伴うことがあります。お肌が日焼けしてメラニン色素の濃度が高まると医療レーザーがお肌で吸収される量が増えて、火傷を負うリスクが高まってしまうので、日焼けだけでなく色素沈着やホクロがあるお肌には医療レーザーの脱毛は向いていません。

しかし、医療脱毛を行うクリニックによっては医療レーザーの種類が異なり、長い波長のレーザー光線を使っている場合は、お肌に吸収される量が少なくなるので、日焼けしたお肌や色素沈着したお肌に対しても脱毛の施術が可能なものもあります。医療レーザーを使った医療脱毛は、一度施術を受けただけでは脱毛の効果を充分には得ることができません。

そして、医療レーザーを照射されたお肌が回復するのを待つことが必要なので、ムダ毛が毛周期でいう成長期に差し掛かるタイミングで脱毛の施術を施すことになります。毛周期はおよそ二ヶ月から三ヶ月で一回りする人が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です