レーザー脱毛でシミになるという噂は本当か

レーザー脱毛は医師の監視下で行うので信頼できる脱毛方法ですが、シミになったりしないのでしょうか。

施術した部位にシミが発生したという噂もあり、気になっている方もいるのではないでしょうか。お肌にレーザーを当てると、一時的に肌のバリア機能が失われてしまいます。そのため、ヒリヒリしたり赤くなったりします。肌のバリア機能が失われるということはつまり、紫外線の影響も普段の何倍も受けやすくなっているということです。レーザー脱毛の施術後は、2週間ほどは日焼けはご法度です。

もし紫外線が当たってしまうと、茶色く色素沈着したりシミが発生してしまいます。秋や冬、春は長袖を着れば良いので楽ですが、夏の期間は施術した部位にくまなく日焼け止めを塗らねばならず、少々大変かもしれません。レーザー脱毛後はとてもシミが発生しやすい肌状態になるので、本当に気をつけねばなりません。しかし、しっかりと日焼け対策を行ったのにシミや色素沈着が発生したという人もいるようです。

レーザー脱毛の機器は、ムダ毛だけでなく真皮をも刺激するので、お肌が活性化します。コラーゲンの産出が増えたり、お肌が艶やかになったりなどの良い面もあるのですが、その反面シミが発生してしまうこともあるのです。レーザー脱毛で発生したシミは、半年くらいで自然に消えることが多いですが、気になる場合は皮膚科に相談してみて下さい。皮膚科ではシミ対策のクリームを処方してもらえますし、最終手段としてシミ治療のレーザーを当てる治療方法もあります。
新宿でレーザー脱毛のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です