レーザー脱毛に保険は適用されるのか

病院に通う時の治療費は、国民は3割負担となっています。

みなさん国民健康保険などに加入して保険料を納付しているので、治療費を全額自己負担せずに済んでいるのです。では、病院でのレーザー脱毛はどうでしょうか。保険適用の3割負担で済むのでしょうか。残念ですが、レーザー脱毛は全額を自己負担せねばなりません。生命の維持に関わる治療ではないので自費診療となり、保険は適用されないのです。婦人科疾患などの病気によってムダ毛がたくさん生えて来た場合も保険は適用されないようです。

多嚢胞性卵巣症候群という病気では、全身に男性のような太く濃いムダ毛が生えてきます。その治療には、ピルやホルモン剤など内服薬を使用する他、除毛クリームやレーザー脱毛などで生えて来たムダ毛にも対処します。病気なら保険適用にしてもらえそうですが、多嚢胞性卵巣症候群と診断された方がレーザー脱毛を保険適用で受けられるか問い合わせた所、無理だったそうです。ただし、婦人科の疾患をカバーする医療保険なら、治療費を出してもらえる可能性もあります。

加入している保険があれば、保険会社に問い合わせてみて下さい。自費診療の良い所は、病院が自分で値段を決めてOKな所です。保険診療だと、厚生労働省が診療報酬を点数にして決めてしまっているので、だいたいどこの病院にかかってもほぼ同じ料金になっています。レーザー脱毛は、病院ごとに値段がバラバラです。大手の病院だと知名度や資金力を活かして安価での提供が可能となっており、庶民でも手を出しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です