レーザー脱毛の種類とは

レーザー脱毛には大きく分けると4種類あり、使用するレーザーの波長が異なっています。

ルビーレーザーはレーザー脱毛の中で最も短い波長です。波長が短いとメラニンへの反応が強くなりますが、皮膚の奥には届きにくくなります。毛根は皮膚の奥にあり、日本人の皮膚にはメラニンが多いため、このレーザーで脱毛しようとするとやけどする危険性が高いため、日本ではホクロの除去などで使われます。アレキサンドライトレーザーは波長を長くしてメラニンへの反応を抑え、毛根に届きやすくした日本人向けのレーザーです。

施術の際には麻酔クリームなどを使用し、皮膚を冷却しながら行うため、耐えられないような痛みはありません。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも少し波長が長くなっているため、より痛みを感じにくくなっています。脱毛の効果には違いがないため、日焼けなどで皮膚が黒くなっている人でも効率的にレーザー脱毛を行えます。

ただし、あまりにも黒くなりすぎていると利用できません。ヤグレーザーはレーザー脱毛の中で最も波長が長く、皮膚の表面に与える影響が小さくなっています。そのため、皮膚が黒くなっていても、炎症などの異常が起きていなければ利用できます。メラニンへの反応も弱くなるため、脱毛の効率は他のレーザーより低くなります。しかし、皮膚の奥に届きやすいという特徴があり、毛根が皮膚の奥にある髭については他のレーザーよりも効果的に安全に脱毛を行えます。

新宿で医療レーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です