複合機はリース契約が一般的

これから事業を始めようとする人、すでに事業を始めていて複合機を導入しようと考えている人にとっては、費用をかけずに導入したいと考えている人も多いはずです。

しかし購入しようとすると複合機の価格は安くても数万、給紙サイズや品質、性能を求めると数十万はかかってしまいます。ローンを使った購入もありますが、多くの企業はリース契約によって利用しているところがほとんどで、そこには大きなメリットが存在しています。リースというのはお金を出して物を借りるという取引方法で、一定の期間を設けて指定した物を借り、契約期間中は自由に使用できるというもので、契約終了時に複合機を返却することになります。

そのため、まとまった資金がなく購入が難しいといった企業では、契約料金だけの低コストですぐに利用することができるようになります。契約時の料金は経費扱いにできるとともに、複合機の所有権はリース会社にあるために、減価償却、固定資産税の支払い義務が発生しないのが大きな特徴です。

そのため業務におけるランニングコストの把握がしやすいという特徴があり、大きな企業でもこの方法を採用しているところが多いです。ただし契約期間はほとんどが5年間という長期で、その間は中途解約ができないなどのデメリットが存在します。しかし別途保守料金を払うことで、印刷時のトラブルや機械の故障といった時に、修理やメンテナンスをしてくれるため、自分で修理するなどの手を煩わされるという問題がなくなるのがメリットです。注意するべきは複合機の所有権が自分にはないので、うっかり処分したり売却したりしないように気をつける必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *