複合機のリースについての基礎知識

最近、経費削減の観点から注目されている リース契約は、契約者が希望するマシーンなどを、契約者の代行として、リースする会社が買収し、定められた期間にわたり料金をうけることを、必要な条件にその物を貸借することを意味します。

こういった形式が増える傾向にあります。複合機をリースしたというようなケースでの魅力としては、複合機を一括払いで、手に入れるための設備の投資の費用が要らなくなり、初期のコストが軽減でき、その分だけ運転の資金に回せます。

そして、毎月の費用は、税法上の全額が経費の処理にでき、所有の権利が貸している会社となっているため、減価償却の一連の流れや固定資産税の支払などが、生じないことがあげられます。さらに、動産の保険が認められるため、火災あるいは盗難があった時点で補償が受けることができます。買取については、使わなくなった時の処分する費用も自費ですが、リースだと持ち主は貸している会社なので、その期間の満了の際に、引き上げするのは、貸している会社の負担ということであります。 しかも、リース契約確かに、買い取りよりも高くなるけれども、毎月の料金そのものはロープライスなので、機種の変更の決定もしやすくなってくるのです。

とりわけ、複合機にとりましては、次から次へと画期的な機種が出現するので、期間を数年ごとにセッティングして、最新の機種を入換えることにすることにより、どういった状況でも、最新式の技術を使えることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *