レンタルしたコピー機の維持管理

コピー機はメーカーから直接的に購入すると高額になってしまうため、負担をできるだけ避ける方法にレンタルが挙げられます。

オフィス機器専門のレンタルショップはいくつかありますので、在庫にある中古コピー機を借り上げる方法であれば、一般に日割り計算のごく少額で済みますので、購入するときのような大きな負担をする必要がありません。

ほかにもリース方式という方法がありますが、数年間にわたって使用する場合はレンタルよりも費用がかからないので便利な面はありますが、そのかわりに最初に審査を経なければならず、製品が入荷する時期も遅くなってしまうこともあるため、場合によってはレンタルのほうがよいこともあります。レンタルの場合はコピー機の使用そのものは毎月の料金の支払いだけでよいのですが、維持管理については借り入れ先によって、または契約のプランによって違いが生じてきます。ごく短期であれば期間中はすべて借り入れ先のほうが負担し、紙詰まりやトナーの交換、その他故障の修理などもしてくれることがあります。

契約期間が比較的長い月単位などの場合には、最初にあわせてメンテナンスの包括契約をして、カウンターの数値に単価を掛けて一定金額を支払うなどの対応があり得ます。この場合にはいちいち故障などがあった都度メンテナンスのスタッフをお金を出して呼ぶ必要がなく、包括契約のなかで修理をしてもらえますので、別途料金を支払うことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *