コピー機はレンタルが簡単です

コピー機を会社や自宅に導入したいと考えているのなら、レンタルからはじめてみませんか。

コピー機を導入する方法としては購入・レンタル・リースの大きく3つのやり方があります。コピー機の購入は家庭用や使用頻度が低い場合にはコストがかかりにくい方法ではありますが、メンテナンスができる人材やコピー用紙などの備品を自分で用意しなければなりません。また、家庭用のプリンターは大量の印刷に対応していないケースもあるので、印刷枚数が多い場合には業務用を選択するようにすることが大切です。

リースは長期間同じ機種を使い続ける契約をすることで、月々のレンタル料金が安くなるシシステムの事をいいます。同じ機種を使わなければならないため、モノクロ印刷しか行わないなどの単純な機能しか使わない場合にはよいですが、新しい機能のある機種に変更したくなった場合には違約金を払うか、契約期間が終わるまで使い続けなければなりません。契約にも審査が必要なため、今すぐにコピー機が必要なケース等では対応できない方法なので注意が必要です。

その点レンタルは面倒な審査も必要なく、サービス会社によってはすぐに対応してもらう事も可能です。1日単位から借りることもできるので、イベント会場や短期間だけ必要なケースにも向いています。自分がどんな機種があっているのか実際に試してみたい方にもおすすめできる方法ですので、簡単にコピー機を導入したいと思った時にはレンタルを利用してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *