コピー機のレンタルは災害に強い

コピー機のレンタルは中古品が提供されることになりますから、新品を導入するリースに比べると、いざという時のリスクが低くなります。

例えば、自然災害によってコピー機が損傷してしまった場合のことを考えてみてください。リースの場合もレンタルの場合も、所有権は利用者ではなく、サービスを提供している会社側にあります。壊れてしまった場合については、その金銭的な負担を強いられるのが基本です。リースの場合、利用者はリース会社に支払う料金の一部として、保険料が加算されています。しかし、この保険は自然災害に適用されない契約内容になっている可能性があります(特にリース料率が安い場合)。

そのため、リース料金の支払いは継続する、あるいは残債を支払うという形で決着することが多いとされます。思いがけない多額の出費が生じるおそれがあることに注意が必要です。一方、コピー機をレンタルで導入した場合、自然災害への対応は基本的にはリースと変わりはありません。ただし、提供されるのは中古品であるため、自然災害で壊れてしまったとしても、リースで提供される新品に比べれば、費用負担の額は小さくなります。レンタルは確かにリースに比べると、料金面やコピー機の品質面でデメリットが多いと言われています。しかし、柔軟な契約が可能で、提供されるマシンが中古品であるがゆえに、災害などのリスクには強い導入方法と捉えることができます。会社の状態によっては、リースからレンタルにシフトチェンジした方が良い場合もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *