コピー機の再リースと新機種で再契約するときの比較

コピー機のリース契約が終わると、再び同じ機種で契約を結んだり、買取や新機種で新たに契約を結ぶ方法があります。

同じ機器で同じ契約を結ぶ場合、これまでの料金が大幅に安くなりそれまでの1割程度になるのでランニングコストが大幅に軽減出来ます。既に導入している機種をそのまま使うので、製品入れ替えの手間が不要でパソコンやネットワーク環境などの設定も変更が不要です。契約期間単位も1年程度から短めで、長い契約期間に縛られず新機種の必要性を感じたときには入れ替えも可能で、希望に応じて何度でもコピー機の再リースが出来ます。

ただ、機器はすぐにモデルのリニューアルがされていて、契約満了後にコピー機を再リースすると既に旧世代機になっていることも多いです。また、経年劣化での不具合も増えるため利用料金は安くなりますが、保守料金は基本的にかわりません。旧世代機だとパーツの供給がなくなって保守対応が受けられなくなる可能性もあります。新機種で新たにコピー機のリース契約をするときは、これまで使っていた機種を返却してから最新機種で組み直します。

もう一度契約を最初から結ぶのでコストの面ではあまり優遇はないですが、OA機器は5年から6年も経過すると省エネ・トナー効率・印刷品質などがかなり進歩をしていることも多くランニングコストでの改善や業務の効率化は期待出来ます。他の方法と違い、機器のトラブルにあう可能性も低く保守やメンテナンスでの心配が少ないです。利用費用は少し高くなりますが、トラブルの心配が少なくて機能面が上がっていることは他の方法と比べると一番おすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *