コピー機のリースの注意点

コピー機をリースすると、資産に計上されませんので税金対策にする事が出来ます。

これは、所有権がリース会社にある為にそのようになるのです。これを利用して、出来るだけコストカットをする事が可能になります。また、普通に購入をするとなると、かなり高額の商品なので出費が多くなってしまうのです。特に最新機種の場合は高くなるので、なんと100万円を超える場合もあります。しかし、コピー機のリースの場合は、なんと毎月数万円で導入が出来るようになるのです。少し古い世代の機種でしたら、毎月5千円から1万円ほどの金額で導入が出来ます。

そんなコピー機のリースですが、便利な点ばかりではありません。利用する際に注意しておきたい点もありますので、それを紹介します。それが、契約を途中で切る事が出来ないという点です。途中で解約が出来ないという事なので、もしもコピー機が必要なくなったとなってしまっても、契約期間内は毎月お金を払い続けなければいけないという事なのです。

例えば、5年間で満了になる契約をした後に、2年目にやっぱりコピー機が必要なくなったという場合でも、途中で解約をする事は不可能なので、結局契約満了まで払い続けなければいけないという事です。リースは便利なだけではありません。契約内容をきちんと理解しなければ、損をしてしまう可能性も十分にあるのです。なので、まずは契約期間ない使い続けるかどうかを一度検討してみた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *