コピー機をリースで導入するメリット

オフィスでは、書類のコピーに役立つコピー機は欠かすことができませんが、コピーだけではなくスキャナやファックスの機能も搭載されている複合機が選ばれることも多くなっています。

こうした機器は中古品ならより安く導入できますが、中古となると動作に不安もありますし、できれば最新機種を選びたいと考える人も多いのではないでしょうか。かといって、最新の業務用コピー機は高額になることも多く、導入にはそれなりのコストも発生しますし、導入後の減価償却も考えていかなくてはなりません。より手軽に導入するのであれば、リースの活用がおすすめです。

レンタルと似たイメージがありますが、レンタルが中古機器が中心なの対して、リースは新品の最新機種を選べことができます。短期間の利用であれば、レンタルのほうがお得になることもありますが、長期的な利用となると、リースのほうが月額費用がお得になります。レンタルの場合は初期費用が必要になりますが、リースでコピー機を導入する場合は、ほとんど初期費用も発生しません。

毎月の費用も固定されていますので、管理もしやすく、経費にすることができます。リースは、レンタルのように途中で解約ができませんので、契約前は契約内容を良く確かめておきましょう。残債を一括で支払うことで途中解約できる可能性もありますが、その場合は違約金などが発生しないかどうかも調べておきたいところです。安心して契約するためには、複数の業者から見積もりをとり、内訳を調べておくこともおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *