リースできるコピー機の機能

ペーパーレス時代といわれる昨今であっても、電子取引などのインフラの整備はそれほど進んではおらず、特に官公庁の契約や各種申請・届出などはあいかわらず紙の文書のままであることが多いといえます。

そうであればこそ紙の文書をいかに効率的に使いこなすかはいまだに重要な意味をもっており、同じ文書を大量に作成したり、会議やイベントなどの場でいっせいに配布することに貢献するコピー機の役割の重要性はおとろえることがありません。各製造メーカーでもコピー機の最新機種を投入してテコ入れを図っていますが、近年はコピーそのものの機能に加えて、さまざまな付帯機能を導入することがあり、価格的にも高騰する傾向があります。

そのため逆にメーカーからの購入では高い定価での支出となってしまうことから、リースなどの直接所有しない形態での導入も人気があります。実際にリースをする場合にどのような機能のコピー機が対象になるのかですが、基本的にリース会社に発注する際に、メーカーや機種は発注者自身がカタログをみて自由に選べるようになっているため、要は希望するものは何でも対象と考えてもよいでしょう。

もちろん高機能でリリースから間もないものほど定価は高額になっているのが一般的で、それだけに毎月のリース料金も他に比較すれば高くなりますので、予算との兼ね合いで決める方法もあります。機能の例としては、コピーを白黒ではなくフルカラーで出力するもの、分速でのコピー枚数が従来よりも大量になっているものなどはコピーそのものの性能として重要です。またコピーだけではなく、パソコンやスマートフォンと連動して通信ができる機能、スキャナーとして利用できる機能などもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *