コピー機リースのメリットと注意点

コピー機をリースするメリットの一つが、毎月の支払いを経費に計上できることです。

月額料金は固定されているので、コピー機のランニングコストが計算しやすくなるのも魅力です。また購入するケースとは異なり、機器の所有権がリース会社に所属します。それゆえ、ユーザー側は煩雑な減価償却の手続きをする必要がありません。勿論、固定資産税もかからないので安心して利用できます。リースは、初期費用をかけずに導入できるのも大きな魅力です。特に起業したての会社では、運転資金の確保が重要になるものです。

導入に際しては審査がありますが、銀行などからの借り入れに比べて通りやすいわけです。コピー機をリースする上では、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。先ず挙げられるのが、基本的に中途解約ができないことです。一旦契約すると解約ができないので、契約を満了するには残債を一括返済するしかありません。このようにリースには、長期的な支払制限が加わることも覚えておく必要があります。

次に挙げられる注意点は、コピー機の所有権がユーザーにないことです。それゆえ、契約期間が満了した時には機器は全て回収されることになります。実際には契約が満了する前に、再契約の打診があるので問題ありません。それでも契約内容を知らない社員が誤って転売すると、大きな問題が発生するので注意が必要です。そして最も注意すべき点は、支払総額が購入するよりも高額になることです。それは、本体価格に金利や保険料、そして税金などが上乗せされるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *