コピー機をリースにするメリット

事業をするに際し、コピー機の導入は必須となりますが、どのような形で導入すればよいのかについては悩みどころです。

コピー機は安いものではないので、購入すべきか、リースにすべきか、レンタルすべきかで迷うところです。購入するとコピー機の所有権を得ることができ、長く使えば使うほどお得になります。しかし、保守点検は自前になるので、不具合やトラブルがあったら自分で対処しなければならず、そのための保険などに加入する必要が出てきますし、経理面で見ても、減価償却の計算をしなければならないという問題があります。

リースは業者から機械を借りる形態で、所有権は業者にあり、リース料を費用として計上すれば足りるので複雑な処理が必要ありません。契約すれば、契約期間中の保守点検も業者がやってくれるので、トラブルを未然に防げます。似たものとしてレンタルがありますが、レンタルの場合、業者が貸すのは中古の旧型機が多く、月額料金も高めに設定されています。短期で使いたい場合はレンタルのほうが向いている場合もありますが、レンタルは中古のものを貸している分、保守点検料が高めになっているので、長期間にわたって借りるのならリースのほうがお得です。

これらの経理上・ランニングコスト上のメリットに加え、新品を貸すので、「性能に不満を感じるようになった」「劣化してきた」「今後はこんなに色々な機能はいらない」などの理由で機種替えをしたいと思った場合には借り換えをし、格安で新しいコピー機を入手することができます。また、コピー機自体が不要になったときに処分料などのことを考えずに済むのも、リースのメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *