イニシャルコストが安く済むリース契約のコピー機

日々の業務をスムーズに行うためにも、オフィスでは必要な物は経費で購入をしますが、コピー機は自社で買うよりもリース契約です。購入するとなると業務用のOA機器は高額ですから、初期費用はかなり掛かります。家庭用のコンパクトな機器とは異なり、安価でも数十万円は当たり前、100万円以上ということも珍しくはありません。自社で購入する必要がないのがコピー機リースであり、数十万から200万以上かかるかもしれない、大きな出費となる初期費用は不要です。

中には初期費用を無料にしているケースもあるので、より経費を抑えることもできます。多数の国内でも有名なメーカーおよび商品の取り扱いをするリース会社ですが、導入するコピー機の機種に関しては自由な選択が可能です。使う側が決めることのできるコピー機ですが、新規購入で支払いをするのはリース会社になります。どの機種を選ぶのも自由ですから、最新機種を選び使うこともできるため有利です。

本体を購入する方法を選ぶと、税金の申告や減価償却に購入手続きなど、自社で行う管理事務処理に追われます。買うとなると色々面倒ですが、コピー機はリース契約することで、面倒な処理は必要有りません。契約期間中の自己都合による解約はできない事になっていますが、柔軟な対応をしてくれることもあります。他の新機種への変更など、サービス内容によっては大きく損をすることにはなりません。

常にベストな状態で使えるよう、カウンター契約などは助かるサポートです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *