支払方法も含めてコピー機のリースを考えよう

コピー機のリースを利用することを考える場合、料金にのみ注目するという方も多くいます。しかし料金だけではなく、支払方法も含めてチェックすることを忘れないようにしましょう。利用する業者、もしくは契約内容に応じて支払方法が異なってくる場合もあります。事前に確認しておくことで、その後のトラブルを防ぐことにつながります。

実際にコピー機のリース契約を行う場合、多くの業者では料金の支払い方法には銀行振り込みやクレジットカード決済などが利用できる仕組みになっています。このとき短期の契約だと前払いで、長期契約なら月ごとの支払いというようにお金が必要なタイミングが異なることもあります。また銀行振り込みの場合、支払日は業者ごとに異なります。個別に確認を行って、問題なくコピー機のリースが利用できるように考えていきましょう。

お金の問題を考えるとき、1つ注意しなければならない点が存在しています。初期費用が購入するよりもかからないといっても、実際には初月には搬入費などの諸経費が必要な場合が多いという点です。搬入費の設定は業者によって異なるので、個別にチェックしておくことが大切です。またコピー機のリース契約でクレジットカードを利用したい場合、対応しているカードの種類が業者ごとに異なるケースも見られます。

事前に使いたい種類のカードに対応しているか確認したうえで契約をしましょう。クレジットカード料金の引き落とし口座の残高を確認することも忘れてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *