コピー機リースの仕組みと利用するメリット

コピー機は会社の事務機器として欠かせないものですが、価格が高いため購入するのではなくリース契約で導入されることが大半となります。これは、リース会社がユーザーの代わりにコピー機を購入し、ユーザーは月々の料金を支払ってコピー機を借りるという契約です。コピー機の所有権はユーザーに無く、ユーザー側の都合で中途解約することはできないというデメリットがありますが、メリットも多くあります。リース契約での料金は本体の料金の他に保守料金がかかり、使用枚数によって料金が請求されメンテナンスや消耗品交換などのサービスが受けられるカウンター保守が一般的です。

本体価格の他に上乗せされる料金があるため長期的に見るとお金がかかってしまいますが、安いものでも100万円以上はするコピー機の場合は、リース契約することで一度に多額の資金を用意する必要がなくなるというメリットがあります。新品を購入するので欲しい機能を持った機種を選ぶことができますし、必要なくなった初期費用を他の部分で利用できるというのも魅力です。また、固定資産税や減価償却などはリース会社が処理し、料金は経費として計上できるため、自社での複雑な処理が必要なくなり会計上のメリットもあります。月々の決められた金額を支払うためコストを把握しやすいこともあり、事務の負担を減らすことができます。

さらに、災害や盗難などの被害ではある程度の範囲で保険が適用されるというのは、購入した場合には無いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *