コピー機をリースする流れ

コピー機をリースする際の流れとして、まずは検討やシミュレーションをする必要があります。まずは、どのくらいの年数使う予定なのか・どのような機能が必要なのか・オフィス移転の予定など検討事項を洗い出します。会社によって状況が異なり必要となることも変わってくるため、リースと購入のどちらが良いか考える必要があります。また、コピー機を借りる場合は何年間契約するかによってコストが変動してきます。

予め必要事項をまとめておくことで、無駄のない契約をすることができます。必要事項の検討やシミュレーションが終わったら、次はニーズに適したサービスを選別していきます。リースの申し込みには、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書など様々な書類の提出を求められる場合があります。事前に何が必要か確認しておき、しっかりと準備しておくことが求められます。

申し込みが終わると審査が入り、審査に通ると契約をすることができます。審査はそれほど厳しいわけではなく、一定の売り上げを出しているところなら心配はいりません。契約終結か完了したら、導入段階になります。新品の機種をリース会社が購入する場合は、メーカーの担当者が設置を行う場合があります。

初期セットアップやネットワークの設定など、運用をするために必要な準備を進めていきます。もしも分からないことがあれば、その時に確認しておきましょう。このようにコピー機をリースする場合は、流れに沿って行うことが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *