オフィスへのコピー機の導入はリースがおすすめ

同じ書類を大量に作成するのであれば、プリンターよりもコピー機が便利です。しかし本体を購入するには価格が高く、なかなか導入に踏み切れない会社も多いのではないでしょうか。そうした会社におすすめなのが、リースでコピー機を導入するという方法です。この方法であれば本体を購入する必要はありません。

そのため最初に高額な代金を支払う必要がなく、会社の財政に大きな影響を与えないというメリットがあります。少ない初期投資で便利な機能を導入できるので、本体を購入するよりもリースを活用してコピー機を投入することをおすすめします。リースによるコピー機には、費用面で導入しやすいという特徴以外にも多くのメリットがあります。例えば不要になった時には引き取ってもらえるというものです。

もし本体を自前で購入してしまうと、仮に不要になった時には自分たちで処分しなくてはなりません。大型の機械ですから処分するとなるとかなりの費用が予想されることでしょう。ところがコピー機をリースする場合、不要になった時には契約を終えるだけで済みます。後は業者がオフィスを訪れて本体を回収してくれるので、自分たちで外に運び出したり業者を呼んで処分してもらうといったことは必要ありません。

新型機への乗り換えも、リースならば簡単に行うことができます。業者にお願いして、より高性能な新型機の契約を交わすだけだからです。自社で購入する場合と違って代金が損失として計上されることもなく、新型機の性能を存分に実感することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *