コピー機リースの契約を更新する場合のポイント

一般的なオフィスで使っているコピー機のリースは5年契約ですが、期間が満了した場合には新しい機種を導入したいと考える関係者が多いです。特に様々なシーンでコピー機を使いたいときには、最新鋭の上位機種を選ぶことが重要です。契約が終わる前にリース会社の担当者が相談に乗ってくれるので、機種選びに関する悩みもすぐに解消できます。しかしリース会社が推奨する機種ではなくて、オフィスで働く人たちが主体的に手ごろなコピー機を見つける方法もあります。

様々なオフィス用の機器を紹介するサイトを訪問すると、各企業の利用実態に合わせて最適な機種を選べます。またコピー機を入れ替えた場合でも同じメーカーの製品であれば、直感的に新しい機種も使いこなすことができます。したがって契約が終わるときには、リース会社にメーカーを指定して手ごろなプランを提案してもらうケースも多いです。ホームページで様々な機種についての情報を集める場合には、具体的な利用シーンをイメージできないのが大きな問題です。

展示台数が多いショールームを訪問すると、入れ替え時に最適な機種も選びやすくなります。リース会社のショールームでは、いつでもプラン選びに関する相談に乗ってもらえるので便利です。上位機種を新規に導入する場合には、今までよりもサイズが大きくなるために置き場所に困るというイメージもあります。けれども技術開発によって製品のスリム化も実現しており、小さなスペースでも多機能な製品を設置することは十分に可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *