コピー機導入時、リースのメリットとデメリット

会社にコピー機を導入するとき、リース・レンタル・購入という選択肢があります。リースの最大のメリットは、最新機種を導入できることです。なぜならリースは、借りたいと申し込んだ契約者の指定した最新機種を購入して貸してくれるシステムだからです。他にもレンタルに比べ、月額の費用が半分くらいに抑えられるメリットもあるため、初期費用が安い特徴があります。

この費用は、全額経費として処理できることも強みです。またコピー機本体の所有権がリース会社にあることから、購入した時に計上する減価償却や固定資産税が発生しない利点もあります。さらに壊れてしまったとしても交換してもらえますし、メンテナンスも充実しているため、余計な心配がいらないのも魅力的です。デメリットは契約するときに審査が必要なので、それが通らないとコピー機を導入出来ないことです。

また会社にもよりますが、一回の契約で最低3年以上借りないといけないため、短期間利用したい場合は向きません。そのため頻繁にコピー機を使わない場合や使用したい期間が3年以内の場合は、メリットを最大限生かせない可能性があります。リースは3年以上利用する予定があり、尚且つ最新機種を使いときに活躍する手段と言えます。あらかじめ途中解約できないことを念頭に置いた上で、自分たちがどのような目的で借りたいのかやどれくらいの期間利用したいのかを計画を立て、自分たちに合った方法で上手にコピー機を導入しましょう。

コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *