コピー機のリースとレンタルの違いとは

コピー機は、購入する以外にも、リースやレンタルというサービスを利用する方法があります。しかし、これらのサービスを利用するときは、両者の違いをよく知っておく必要があるでしょう。まず挙げられる違いは、「契約期間や解約」に関することです。リースは、3年~6年という長期の契約期間が設けられており、途中で解約することが出来ませんし、もし使用を中止するとしても、残りの期間分の費用を支払う必要があります。

しかしレンタルは、1カ月単位で契約することが可能ですし、途中解約ができる場合も多いため、その点では気軽に利用できるサービスだと言えるでしょう。次に挙げられる違いは、「利用できるコピー機」に関することです。リースは、利用者側が最新機種などの製品を選ぶことが出来ますし、新品を利用することが可能です。ですがレンタルだと、利用者側がコピー機の機種を選ぶことが出来ませんし、他のところで既に使われた中古品が回ってくる場合が多くなります。

さらに挙げられる違いは、「費用」に関することです。リースは、長期間利用することが前提になっているということもあり、1カ月あたりの費用を比較的安く抑えることができます。しかしレンタルは、短期間の利用が可能な代わりに、1カ月あたりの費用は高くなってしまうのが欠点です。ただし、2年以内の利用であればレンタルのほうが費用面で有利だとされているため、2年以内かどうかという利用期間を一つの目安にして、どちらがいいかを検討するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *