使い続けると利用料金も安くなるリース契約のコピー機

オフィスに導入をする設備として、コピー機はどの会社でもなくてはならない機器です。一般的に企業ではリース契約をしますが、設備投資として機器を購入するよりもはるかに多い選択でもあります。機器の貸し出しをする会社と契約をして、コピー機をリースするサービスを利用しますが、一定期間なので永久的なものではありません。契約の期間としては5年間から6年間ほどであり、もしもその間に新しい機種にしたい時には、乗り換えで契約の組み直しができるのも便利です。

最初に選んだ機器限定の契約ではなく、契約満了前に最新機器に乗り換えるため、購入するよりもずっと融通が利きます。所有権に関しては自社での購入品ではありませんので、コピー機の所有権はリース会社にあり、契約満了まで使っても自社のものにはなりません。あくまでもサービスの提供をするだけなので、契約期間が終わったら機器を持ち主の会社に返します。しかし慣れた機器だけに継続をして使いたい希望があるならば、所有権は得られませんが新たに契約を結べば続けての利用が可能です。

実際に契約期間満了後にも使い続ける会社は多く、その方が料金も安くなります。全国的に企業ではコストダウンにも力を入れていますから、日常業務で頻繁に使う機器に関しても、費用を抑えられるのは利点です。だから使えば使うほどにリースのコピー機は、毎月の利用料金がリーズナブルになって、さらにメンテナンスも相変わらずやってくれるので手間もかかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *