コストカットのためのコピー機のリース

ネット利用による情報伝達が普及し始めている今日でも、迅速な情報伝達と紙面として保存をするためにコピー機は活躍しています。ただ最新のコピー機を購入するとなると、最低でも一台当たりの値段で10万円以上はかかってしまうのです。大企業であれば、自社が持つ利益と銀行からの借入金などを利用することで必要数を確保することはできます。しかし新規設立企業や小規模の中小企業の場合だと、自社が持つ利益だけでは最新のコピー機を買うことはコストの面から必要数をそろえるのは難しいです。

そこで最新機を必要数揃えるのが難しい企業のために、コピー機開発企業が行っているのがリースです。リースというのはサブスプリクションサービスの一環で、簡単に言えば企業と提携をすることで月額もしくは年額で利用料金を支払うことで貸し出してもらえるという形です。これは開発企業にとっては、作った製品を普及させて利益を得るためには実際に使ってもらう必要があります。ただ使ってもらいたいという願望とは裏腹に、どうしても一台当たりの購入費は高いので簡単に手が出せないのも事実です。

そこで手軽に使ってもらい製品の質を広めてもらいたいという狙いから、保有する機器を定額で貸し出すというのがリースなのです。実際にリースを利用すると何世代前の機器から最新機まで取り寄せており、最新機だと高めに設定されていますが世代が古くなるほど安くなる傾向にあります。そのため予算に合わせて選べるだけでなく、全てのメンテナンスも相手企業が率先して行ってくれるのでメリットが大きいサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *