コピー機のリース会社の選び方

コピー機はオフィスにとって重要な機器ですが、レンタル・リース・購入の三つの手段で設置することができます。特に大企業など何台もコピー機を使うような場所に設置したいという場合には、リース契約が向いています。この契約方法は契約者が必要な機器などを、リース会社が購入して一定期間にわたって料金を支払うことで契約者が機器を利用できるという方法になります。コピー機をこの契約で設置するメリットは、購入するよりも安い金額で最新機種を導入するということが挙げられます。

設備投資費用などが必要なくなるため、初期費用を抑えることが可能です。他にも所有権は契約している会社にあるため減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生せず、料金は税制法上全額を経費として処理できます。そんなコピー機のリース会社は様々なところがありますが、重要なのが保守契約なります。保守契約とはカウンター保守、きっと保守、スポット保守という三つの契約方法があります。

自社にあった契約が行えるのか、メンテナンスやトナーなどの消耗品にかかる費用はどれぐらいなのかなどのランニングコストに関する契約もきちんと考慮した上で会社を選びます。また、アフターサービスがきちんとしているかどうかも重要です。故障などしたときに、すぐに対応してもらえるかどうかで仕事のスピードは変わってきます。特におすすめなのが技術員が自社に所属している会社です。

リース会社の技術員であれば、契約内容をしっかり把握した上で、適切で臨機応変な対応をしてもらうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *