Skip to content

おもちゃのサブスクで利用できる1歳児の玩具

子供は1歳にもなると様々なものに興味を持つようになるでしょう。このような時期に、適切な玩具で楽しく遊んでもらいたいと多くの親が思うかもしれません。このようなときにはおもちゃのサブスクを利用してみることが1つの手段です。おもちゃのサブスクには、1歳児にもぴったりのおもちゃが多数揃っています。

おもちゃのサブスクで利用できる1歳児にピッタリの玩具としては、まず第一にボタンを押すことにより動物などがひょっこりと顔を出す玩具です。ボタンによっても仕掛けが異なり、どのボタンをどうやって動かすと、何の反応が起きるのかなどを考えながら遊ぶことが可能です。子供自身がアクションをすることで、動物が顔を出すため、手と目の動きを促すことが可能です。この動物を出すためにはどれを押せば良いのかなどを考えることで、問題解決能力を養うことも期待できるでしょう。

そして1歳頃には音程にも興味関心を持ち始める時期なので、幼児教育の一環として音感やリズム感を養わせたいと言う場合には、木琴やピアノなどの音が出る玩具もお勧めです。音が出るものは子供が触れて楽しい、面白いと感じることができます。さらにボールを入れるとくるくる回って最終的に下から出てくる玩具も人気を集めています。単純な遊びに感じるかもしれませんが、ボールを握って入れる、それを目で追うことの動作を繰り返すと、手先の器用さや集中力、知的好奇心を養うことにもつながります。

その他にも布でできている絵本や指先の感覚を養うためのパズルなど、様々な商品をおもちゃのサブスクで選ぶことが可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です